• ホーム
  • クラミジアは治療薬を適切に摂取することで完治を目指せる病気!

クラミジアは治療薬を適切に摂取することで完治を目指せる病気!

多様な薬

クラミジアは性感染症の中でもポピュラーなものです。初期に見つけることで短期間で治すことができます。女性の場合、潜伏期間を経てニオイが強いおりものやかゆみなどで病気に気付くことが大半です。また50%ほどの女性が保菌者ながらも無症状という状態にあるとされています。半年間に数名の性的接触者がいるケースや、性的対象が同性というケースは性感染症のリスクが高いといえます。病院などで定期的に性感染症の検査をすることをおすすめします。

中には、クラミジアにかかったら治らないのではないかと不安に思っている人も見られます。治りにくいのは初期の子宮頚管炎や尿道炎だけにとどまらず卵管や精巣にまでクラミジアが侵襲した結果ですので、初期に見つけることが大切なのです。また、治療薬を適切に服用することで完治を目指せますので、きちんと病気と向き合うことが重要になります。

クラミジアの治療には抗生物質が選択されます。古典的な方法ではクラビットやレボクインと呼ばれるクラビットのジェリック医薬品を1週間服用する方法です。症状によっては再燃の可能性もあり、レボクインなどの追加投与も視野に入ります。症状は服用後数日で軽快するため、服用を途中でやめてしまうケースも見られます。これで完治しないという結果に陥りやすい治療法ともいえます。

このところでは、ジスロマックやアジーを用いた治療も主流になりつつあります。アジーはジスロマックのジェネリック薬で日本では海外からの個人輸入が一般的です。こちらも抗生物質で1日1錠を3日間続けて飲んだら薬効が持続する性質を持っています。飲み続ける必要がないことと、手軽に始められる医薬品であることから、性感染症罹患者の治療に選択されることもあるようです。

ただし、ジスロマックやアジーは併用禁忌薬もありますし、服用後の副作用がみられることもあります。肝機能が低下している方や心疾患を持っている方には処方されないこともあるそうです。こういった制約され取り払うことができたらおすすめできる医薬品です。

検査を行った結果クラミジアがわかった場合の治療は医師の指示に従ってください。再燃を防ぐために治療薬はきちんと飲み切ること、24時間の薬剤血中濃度を持続させるために飲む時間帯を守ることも大切です。また、副作用も考えられるので下痢や腹痛などがみられたら、医師に相談をすることも大切になります。時折、ジスロマックやアジーの服用でカンジダ症にかかる場合もあるので、異常を感じたら必ず病院に行きましょう。

関連記事
性病にかかりたくない男性はリスクのある性行為を知って避けることが大切 2020年06月17日

性病は男性よりも女性のほうが感染リスクが高いとされていますが、その考え方は古いと指摘されています。このところでは、男性も性病の罹患リスクが高まっています、女性の割合に近くなっているともいわれることがあるほどです。男性同士の性行為が知られるようになり、こういった背景から性感染症のリスクが高まっています...

男性よりも女性のほうが感染するリスクの高い性病もあるので気をつけよう 2020年05月22日

性感染症は、男女ともに発症のリスクを持っています。その中でも女性の罹患率が高いことをご存じでしょうか。その理由は性器の構造にあるとされています。女性の陰部は粘膜に覆われていますので、適度な体温と湿度が保たれています。そのため、カビやウイルスが繁殖するのに好適な場所とされているのです。こういったリスク...

性病は母子感染してしまうことがあるので検査を受けてから妊娠しよう 2020年04月24日

性病と呼ばれる性感染症は、適切な治療があれば短期間で治癒が見込める病気です。性行為による感染が主なものですが、免疫力の低下などが原因となって感染することが多いので、健康体を保つことが予防の大前提となります。女性の罹患率が高い性病ですが、過去に症状を持っていた人も治療を受けて治癒していれば妊娠に問題は...

性器ヘルペスの治療薬は飲むタイプと塗るタイプが用意されている 2020年03月30日

ウイルス感染は別として、体にできた性器ヘルペスの病変は自然に治ります。ただし薬を使った場合と自然治癒を目指した場合では治癒までに2週間以上の差が出てしまいます。また、水膨れが破れてしまった場合、抗ウイルス薬を使っているとウイルス自体の排出は少ないのですが、薬を使わないとウイルスが含まれた液体も放出し...

性器ヘルペスはウイルスが原因となって感染する病気なので気をつけよう 2020年03月27日

性器ヘルペスは単純ヘルペスウイルスが原因となって起こる病気です。症状は性器に水ぶくれやびらんができ、水ぶくれが破けるとほかの部位に広がってしまう場合もあれば、つぶれた患部が潰瘍化することもあります。痛みやかゆみが強くなることで症状に気付くことがほとんどです。初めての感染の時には症状が強く出てしまいま...