• ホーム
  • 性器ヘルペスの治療薬は飲むタイプと塗るタイプが用意されている

性器ヘルペスの治療薬は飲むタイプと塗るタイプが用意されている

カプセル

ウイルス感染は別として、体にできた性器ヘルペスの病変は自然に治ります。ただし薬を使った場合と自然治癒を目指した場合では治癒までに2週間以上の差が出てしまいます。また、水膨れが破れてしまった場合、抗ウイルス薬を使っているとウイルス自体の排出は少ないのですが、薬を使わないとウイルスが含まれた液体も放出しますので、これが感染源になる可能性があります。

患部にたまったウイルスをいち早くなくすともに、患部の治りを早くするために、薬を使うことをおすすめします。性器ヘルペスに使用する治療薬はいくつかあります。第一選択は、水疱瘡や帯状疱疹の治療にも用いられるバルトレックスやゾビラックスが挙げられます。バルトレックスなどは錠剤タイプですが、ゾビラックスは軟膏タイプのものも販売されています。また、体内で薬効に代わるタイプのファムビル錠も、性器ヘルペスの治療薬に選択されるようになりました。特にファムビルは再発するタイプの性器ヘルペスに有効的です。

軽度の性器ヘルペスには塗り薬の処方でもかまいませんが、万全を期すために飲み薬の処方がセオリーとなります。飲み薬を飲み切った後患部を保護しながら治すために塗り薬を処方することもあるようです。ヘルペスの数が多い場合や、発熱を伴うような重症化した例の場合には、飲み薬や塗り薬ではなく点滴治療を行います。

性器ヘルペスの治療薬で軟膏タイプのものは、ドラッグストアでも購入可能です。ただし再発時にのみ販売できるという薬剤師対面販売の対象となっています。薬剤師のカウンセリングが入るため、購入までのプロセスが若干面倒に思う人もいるかもしれません。性器ヘルペスの説明も恥ずかしいと思うこともあるでしょう。

こんな時には医薬品の個人輸入を利用することも一案です。海外の医薬品を取り寄せることになりますが、日本でもポピュラーな治療薬が中心となるため取り寄せやすく服用しやすいメリットがあります。また性器ヘルペスの治療に最適な医薬品の紹介もされているので、選び方に迷ったときでも、正しい医薬品を選択することができます。

個人輸入の場合は、到着までに時間がかかりますので、再発することがわかっている場合は早めに治療薬を準備しておくとよいでしょう。すぐに対応することで、傷口を作ることも少なくなりますし、性行為によって誰かに移してしまうというようなリスクも減らすことができます。また、水膨れが破れたあとの治りも早くなります。

関連記事
性病にかかりたくない男性はリスクのある性行為を知って避けることが大切 2020年06月17日

性病は男性よりも女性のほうが感染リスクが高いとされていますが、その考え方は古いと指摘されています。このところでは、男性も性病の罹患リスクが高まっています、女性の割合に近くなっているともいわれることがあるほどです。男性同士の性行為が知られるようになり、こういった背景から性感染症のリスクが高まっています...

男性よりも女性のほうが感染するリスクの高い性病もあるので気をつけよう 2020年05月22日

性感染症は、男女ともに発症のリスクを持っています。その中でも女性の罹患率が高いことをご存じでしょうか。その理由は性器の構造にあるとされています。女性の陰部は粘膜に覆われていますので、適度な体温と湿度が保たれています。そのため、カビやウイルスが繁殖するのに好適な場所とされているのです。こういったリスク...

性病は母子感染してしまうことがあるので検査を受けてから妊娠しよう 2020年04月24日

性病と呼ばれる性感染症は、適切な治療があれば短期間で治癒が見込める病気です。性行為による感染が主なものですが、免疫力の低下などが原因となって感染することが多いので、健康体を保つことが予防の大前提となります。女性の罹患率が高い性病ですが、過去に症状を持っていた人も治療を受けて治癒していれば妊娠に問題は...

性器ヘルペスはウイルスが原因となって感染する病気なので気をつけよう 2020年03月27日

性器ヘルペスは単純ヘルペスウイルスが原因となって起こる病気です。症状は性器に水ぶくれやびらんができ、水ぶくれが破けるとほかの部位に広がってしまう場合もあれば、つぶれた患部が潰瘍化することもあります。痛みやかゆみが強くなることで症状に気付くことがほとんどです。初めての感染の時には症状が強く出てしまいま...

クラミジアは治療薬を適切に摂取することで完治を目指せる病気! 2020年03月25日

クラミジアは性感染症の中でもポピュラーなものです。初期に見つけることで短期間で治すことができます。女性の場合、潜伏期間を経てニオイが強いおりものやかゆみなどで病気に気付くことが大半です。また50%ほどの女性が保菌者ながらも無症状という状態にあるとされています。半年間に数名の性的接触者がいるケースや、...